排水トラブルも評判の水道修理業者へ依頼

排水管で起きる水のトラブルは、水道とは違った問題があります。水道管や排水管は目につかない場所に設置されていることから、水のトラブルを抱えていても判断が難しい場合もあります。仮に水漏れを起こしていても、見つけ出すのは困難でしょう。排水管は床下だけではなく、壁の中にも通されたりする以上、わずかでも起きる情報から判断しなければいけません。評判のいい企業を見つけておき、検査にも使うことが必要です。

■経年劣化は進んでいく

排水管の水漏れは、配管の経年劣化によるものが多くみられます。設置から10年をめどに、定期的に適切なメンテナンスをしていなければ、どんどん劣化が進むだけです。
排水管の内部は目で見て確認できないため、中身がどんな状態か判断が尽きません。また、給水管と違って、水が出てきたときに錆が混じるなど反応を見ることもできないため、水のトラブルとしても、非常に難しい場所といえます。



■検査して予防していく

水のトラブルは、検査することで回避できることが増えます。劣化のヒントになるのが、下水の臭いが上がってくることです。排水管は下水本管までつながっています。排水口には、下水の臭いや害虫の侵入を防ぐために水を一定量溜めておく、排水トラップが必ず設置されていますが、この機能が正常に働いていなければ下水本管から臭いも上がってきしまうでしょう。下水が逆流してくることもあり、異臭がするなら問題があると捉えなければいけません。
評判の専門業者なら、専用の検査器具もあり、排水管に高圧洗浄機を通して洗う方法などもあります。これで排水管の内部に蓄積している汚れを落とし、詰まりの原因を取り除くことが可能です。


■まとめ
目に見えない部分で起こる排水管のトラブルは、簡単に見つけることはできません。下水の臭いがするなど、ほんの少しでも異変に気がついたときには、専門業者に依頼して、対策を考えていくことが、被害を抑えるポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ